Eco&Lohas@飛騨高山

ペレットストーブの販売を通じて、飛騨高山からエコ&ロハスな活動を発信していきたいと思います。           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

そりゃ、いいな!



長野県伊那市のNPO法人「森のライフスタイル研究所」
が進めている、ペレットストーブによるCO2削減の取り組みが、
環境省の「カーボンオフセット制度」の認定を受けているのを
皆さんはご存知でしょうか?

どのような仕組みかというと、ペレットストーブ使用により
削減されたCO2排出量を、1トンあたり2,000~3,000円で企業が
買い取るというものです。
それがペレットストーブユーザーに還元されるということは、
ユーザーにはとてもありがたいメリットのある話なのです。

薪と違い、ペレットの使用量は消費したペレット袋を
数えるだけですから、燃料使用量の把握がとても容易です。
その点でも、ペレットは優れものなのですね。

素晴らしい取り組みだと思います。
飛騨の地でも是非取り組んでみるべき制度だと思いました。

↓↓ ランキングに参加しています。 ↓↓
↓↓ 応援ポチッとお願いします。  ↓↓



別窓 | カントリ~ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<いつでも、どこへでも | Eco&Lohas@飛騨高山 | 普及の要因>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Eco&Lohas@飛騨高山 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。