Eco&Lohas@飛騨高山

ペレットストーブの販売を通じて、飛騨高山からエコ&ロハスな活動を発信していきたいと思います。           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

雨の中でしたが・・・

岐阜市のH様宅へ

ペレットストーブを設置してきました。

IMG_0099.jpg
先日、工事中にうかがって設置場所を確認

そして・・・

IMG_0224.jpg
こんな感じになりました。

機種は、
さいかい産業の「SS-1」。

ほとんどのペレットストーブが自動点火方式をとる中、
SS-1だけは あえて手動式です。

つまり、
使用済みの割り箸や着火剤を使って、
オーナーは自分で火をおこさなくてはなりません。

意外かもしれませんが、
実は、これがとっても楽しいんです。

なぜなら、

火がともる瞬間に“プチ感動”できるからです。

自分が点けた炎は、なんか特別と感じてしまう。

だから、自分が点けた炎はかわいくってしょうがないんです。
(自分の炎?だからなのかな?)

この感情移入は何なんでしょうか?
大丈夫とわかっていても、炎が少しずつ大きくなっていく様子を見守ってしまう自分。

「あっ、暖かくなってきた!」

当たり前なのだけれど、今日もつい嬉しくなっちゃうんですよね。


ペレットストーブをお持ちでない方には誤解のないよう。
点火するかどうかが「不安」でしょうがない訳じゃないんです。

ペレットストーブ・オーナーの皆さまなら、
この感覚をわかっていただけると思うのですが、いかがでしょうか?


---ご案内---

SS-1の中古品があります。新しいオーナーを探しています。
御興味のある方はご連絡ください。


〔撮りためた写真。お蔵だし・・・〕

IMG_0623.jpg

別窓 | Nicolas | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<光る眼? | Eco&Lohas@飛騨高山 | 蓄熱パワー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Eco&Lohas@飛騨高山 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。