Eco&Lohas@飛騨高山

ペレットストーブの販売を通じて、飛騨高山からエコ&ロハスな活動を発信していきたいと思います。           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

選択肢のひとつとして

ペレットストーブに興味を持たれる方も、

そのきっかけはいろいろなようです。


・広い部屋を暖房したい

・身体の芯から温まる暖房がほしい

・結露しない暖房にしたい

・炎を見て楽しみたい(癒されたい) ・・・


IMG_0004.jpg


最近の住宅は、

新築、リフォームにかかわらず、

広い空間(間取り)が主流です。

リビング、ダイニング、キッチンがひと続きになっていて、

合わせると20畳~30畳くらいの広さです。


このくらいの広さになると、

石油ファンヒーターやエアコンでは不十分なので、

何かいい暖房の方法はないか、

と考える方が増えているようです。


その場合、

床暖房、蓄熱暖房器など、答えはいくつかありますが、

ペレットストーブも選択肢のひとつとして、

選ばれるようになってきています。


IMG_0465r.jpg


ただ、最近思うのですが、

一般的な家電とは少し感じが違う・・・

言葉ではうまく伝えにくいものがあります。


実に“木を燃やす”ことは、

「奥が深い」

ということでしょうか。



実際にペレットストーブを使っておられる

ユーザーの方々には

共感していただける表現なのですが・・・


85.jpg
もし、

ペレットストーブが魅力的(?)だとすれば、

そんなところに理由があるようです。
別窓 | Nicolas | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ペレットストーブ選び その1 | Eco&Lohas@飛騨高山 | おススメは?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Eco&Lohas@飛騨高山 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。